2017-11

ゲーム「単車の虎」!

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私はまだ入院中です。

以前の記事でも書きましたが、
他の患者さんと仲良くなり、毎日充実しています。

その他に、別のところで仲間ができました。

「単車の虎」というゲームの中です。

そのゲーム、バイクを走らせるゲームではないのですが、
他のプレイヤーと勝負して勝つと、
コインや経験値がもらえ、
レベルを上げていき、
自分のバイクやアバターをグレードアップできるゲームです。

チームに入ったり、
自分でチームを立ち上げる事もできます。

友人に勧められて始めたのです。

闘病生活で働けない私には、
一つの楽しみになっています。

別に毎日遊んでいる訳ではありませんが。

私は以前、実際にバイクに乗っていて、
大学生の時はバイクチームのリーダーもやっていました。
というか、やらされていました(笑)

WOLF001.jpg

私が大学生の時の写真です。

髪型とサングラスがイマイチなのは、
「今とは時代が違う」
という事で(笑)

以前バイク乗りだったので、
単車の虎でバイクをカスタマイズするのは楽しいです。

そのゲーム内で私は、
あるチームに入りました。

そのチームのリーダーを始めとするメンバーが、
とても優しいのです。

特にリーダーにはお世話になっています。

私は頑張りを認められて、
副総長に任命されています。

リーダーである総長は、
私によくゲーム内で、アイテムなどをプレゼントしてくださいます。

他のメンバーからも、プレゼントを頂いています。

そのゲームには、
チームのメンバーだけが見れる掲示板や伝言板があります。

私は総長を信頼しているので、
掲示板で自分が病を抱えている芸術家である事実を話しました。

初めは勇気がいりましたが、
話したところ、総長も含めたチームの皆さんが、
「頑張って下さい!」
「応援しています!」
「いつか芸術家として大物になって下さい!」
「ゆっくり療養して下さい。」
などと書き込んでくださって、
私のことを応援してくれました。

とても嬉しかったです。

実際にチームの皆さんとはお会いしていないのですが、
皆さん優しいのです。

思わぬところで、仲間と呼べる方々が現れました。

皆さん、いつも私の体調まで気づかってくださいます。

私はいつか、チームの皆さんと実際にお会いしたいです。

ゲーム内でのやり取りなので、
実際にお会いするのは難しいですが。

でも皆さんとお会いしたい気持ちに嘘はありません。

また仲間ができました。

「たかがゲーム」
などとは言ってほしくありません。

単車の虎をやってて良かったです。

チームの皆様、
もし何かしらの機会で、
このブログをご覧いただけていたら、
「ありがとう」
と言わせて下さい。

いつも支え応援して下さる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

注釈
私は暴走族を賛美している訳ではありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/90-af00e7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
Twitterもやっています。↓
https://twitter.com/s_realblue
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (79)
病気 (29)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (19)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR