2017-11

アール・ブリュット立川展、観に行ってきました。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は今日、東京都立川市で開催されている、
「アール・ブリュット立川」という展覧会を観に行ってきました。

私が今年入院していた際にできた友人に誘われたのです。

Scan8b.jpg

障がいを持つ方たちの作品の展覧会です。

とても興味があったのです。

実は私も障がいを抱えています。

病気のため「精神障害」という形で、障がい者手帳も持っています。

どのような作品と出会えるのか、とても楽しみでした。

DSC_1920b.jpg
立川の伊勢丹5階に会場があります。

DSC_1927b.jpg
とてもにぎわっていました。

中へ入ると・・・
素晴らしい作品たちに圧倒されました。

絵画から彫刻までありました。

何より素晴らしいと感じたのは、
「皆さんが表現したいものを表現したいようにのびのびと表現なさっている」
ということです。

とかく、かしこまった大人になってしまうと、
「奇麗に見せよう」
「かっこよく描こう」
といった雑念が働いてしまって、
「本当に表現したいもの」がかすんでしまったりします。

ですが、この展覧会の作品からは、
そういった雑念が感じられなかったのです。

皆さん純粋な心をお持ちなのだと感じました。

のびのびと表現する。
素晴らしいことだと思います。

芸術家の私にはなかなか真似できません。

どの作品も素晴らしかったのですが、
その中でも私が特に心を惹かれたのは、
「とんぼ」
という作品でした。

風景の中をとんぼが飛んでいる絵です。

その作品の絶妙で優しい色使い、
そして一切の迷いがない線。

本当に表現したいことを自由に表現なさっていると思いました。

とてもいい刺激を受けました。

自由な感性って素晴らしい。

その作品の作者様とは握手させていただきましたし、
お母様とお話しできました。

お母様がおっしゃるには、
「言葉でうまく表現できなくても、絵で表現できるのだと思いました。」
とのことです。

素晴らしい考え方です。

そういった素晴らしい出会もありました。

皆さん障がいを抱えていらっしゃいますが、
「きっと作品作っているときにはイキイキとしてるんだろうな。」
と思いました。

何か自分を表現できるものを持てば、
障がいや病を抱えていても、
人生は素晴らしく楽しいのだ、
と感じました。

とても素晴らしい展覧会でした。

18日まで開催しているので、
皆様観に行かれてはいかがでしょうか。

とても素晴らしい作品たちが迎えてくださいます。

作者の方々、ご家族の方々、主催者の方々、
素晴らしい作品を見せてくださりありがとうございました。

いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております

追記
誰でも好きで障がいを抱えません。
皆さま方におかれましては、障がいを持つお方に対して偏見や差別の目で見るのではなく、
あたたかく見守って応援してくださるようよろしくお願いいたします。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: ありがとうございました。

とんぼのかあ母さん様。
コメントありがとうございます。
私も精神の病をいくつも抱えていて、障害者手帳を持っています。
残念ながら世間はまだまだ障害者に対して冷たいです。
悲しいことです。
誰だって好きで障害抱える訳じゃないのに。
とんぼの作品、とても素晴らしいと思いました。
色合いが優しいし、線に迷いが無い。
きっと楽しく描いたのでしょうね。
それと、気付いたのは、どの角度からも見えるという事です。
素晴らしい表現力です。
そのお手伝いならいつだってしますよ。
あれだけの才能を埋もれさせるには惜しい。
私は今、病んでいて疲れきりましたが、いつでもお力になるつもりです。
それだけの才能を私は見出だしました。
またいつか作品を見せてほしいです。
コメントありがとうございます。
私はお金では動きません。
義理人情で動きます。
何かありましたら、またお声かけ下さいませ。
たいぶ涼しくなってきたので、風邪などひかぬようお体にはお気をつけ下さいませ。

ありがとうございました。

お久しぶりです。
あの時のトンボの絵を描いた山野太輝のかぁさんです。ブログの返信の仕方を教えてもらいました。
今まであまり誉められたことが無いので、どんな顔をしたらいいのかわかりませんでした。
皆さん、プロみたいで場違いな感じもしていたので、リアルブルーさんの一言一言が嬉しかったです。表現する方法はいろいろですが、話ができない長男があの頃の事を楽しかった、愉快だったと私に話をしてくれたのがあの絵なのかと思います。
あの頃、世界で一番不幸な母親だと思っていたことを思いだしましたが、今は不幸とは思いません。
将来は不安ですがとりあえず不幸ではありません。
こんなに認めてもらえる事もあるんだし、ちょっと絵をかいてみようかな?と思っています。
リアルブルーさん、ブログの世界を教えてくださってありがとうございました。
またお便りします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/77-cce58389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
Twitterもやっています。↓
https://twitter.com/s_realblue
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (79)
病気 (29)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (19)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR