FC2ブログ

2018-11

生きること。メンチが教えてくれたこと。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今、私はたくさんの病を抱えています。

昔から中島一族で怪我をしたり病気になるのは決まって私です。

以前心配した親が護摩札買ってお祓いしたくらい。

そして私は今年の6月に愛娘である猫のメンチを亡くしました。

Scan0001b.jpg
メンチは私の人生の半分を一緒に居てくれました。

正直なところ、まだ心の中で消化しきれていません。

00050001b.jpg
メンチはちゃんとした葬儀場でお葬式しました。

その人に乗り越えられる苦難しか来ないと聞いた事があります。

命ある者は、いずれ居なくなります。

死は誰にでもやってくるのです。

命は生まれた時から、死に向かっているのです。

ですから、生きる事を考えるのは「死」を考える事です。

誰にでも訪れる死に対して、そこまでどう生きるのか?という事が大事です。

私は病を抱えていますが、それも試練でしょう。

神様が試練を下さって、私に生きる事の大切さを一時も忘れさせないでいるのだと思います。

そして命の尊さ。
それを教えてくれたのはメンチです。

メンチは頑張って生きました。

メンチは私にたくさんの事を教えてくれました。

メンチを心のどこかに追いやるのではなく、心に刻んで生きます。

私はたくさんの病を抱えていますが、この世には生きたくても生きられない命があります。

私は病を抱えていますが、「命があるだけでもありがたい」と思わなければなりません。

DSC_1913b.jpg
今飲んでいる薬です。
これでも半分に減りました。

私には夢があります。

夢を追いかけるのが私の人生です。

私は飢えて野垂れ死にでも構いません。

最期の瞬間に「生きた!生き抜いた!」と思えれば、野垂れ死にでも幸せな死に方だと思います。

夢も持たずだらだら100年生きるより、夢を追いかけて生きる方が私にとっては大事なことです。

生まれて頑張って生きて死を迎える事を教えてくれたのはメンチです。

メンチと出会えて幸せでした。

私は生きます。

生かされるのではなく、生きます。

今の病を抱えた状況にも、きっと意味があるはずです。

乗り越えられたら、もっと人間として成長できるはずです。

私が成長すれば、作品も質が上がります。

きっとそのために試練がやってくるのでしょう。

必ず乗り越えます。

いつも支え応援して下さる皆様、
このブログをご覧頂いている皆様、
いつもいつもありがとうございます。
大変感謝しております。

私はしっかりと生き抜きます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: ご愁傷様です・・

まる様。
コメントありがとうございます。
美術を勉強されているのですね。
レベルは関係ありません。
ご自身が表現したいことを、まる様なりに表現なさって下さい。
この世には同じ人は二人居ません。
ですから、まる様の表現は誰にも真似出来ない事であり、正解なのです。
メンチは私なりに大事に育てたつもりです。
今はまだ喪失感が大きいですが。
同じムサビというのも、まる様と私の縁でしょう。
ムサビにまだ猫がいて、元気に生きている事を知れて嬉しいです。
あたたかいお言葉ありがとうございます。
メンチと過ごした日々を胸に生き抜きます。
まる様もご自身の表現を追いかけて下さいませ。

ご愁傷様です・・

初めてコメントします。
ブログ主様とは全然レベルは違いますが、私も美術を勉強している端くれ者です。
今夏、スクーリングでムサビでメンチちゃんに似た黒ぶちの猫ちゃんがいました。もしかしたら親戚関係?なのかもしれませんね・・
校門にはその猫ちゃんがモデル?かわかりませんが猫の彫刻が門番をしています。
長い年月をともに過ごされて、大事にされているのが文章からも伝わって来るので、きっとメンチちゃんも幸せだったと思います。
でわでわ、コメ失礼いたしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/71-05d12af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ちなみにメールは見れない時がありますので、作品をご希望の方はコメント下さいませ。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (80)
病気 (35)
交友関係 (3)
メンチ (13)
日記 (17)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR