2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療状況3

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

昨日は精神科への通院日でした。

片道一時間かけて行ってきました。

まず主治医に言われたのは、
「かなりいいペースで回復している。」
とのことでした。

ただ、全く問題がない訳ではありません。

まず睡眠が不規則です。

「退院後はなるべく入院生活と同じ生活を送ろう」と思っていて、
夜は毎日21時には薬を飲んで寝ようとするのですが、
夜中0時を過ぎても眠れない日があります。

そうなると起きるのが10時過ぎになってしまいます。

主治医は、「無理に病院の生活に合わせる必要は無いです。それに睡眠時間は確保出来ているようなので、良しとしましょう。」
と言っていました。

あとは、過敏性腸症候群が時々襲ってきます。

一時期襲われていた、幻覚や幻聴といった統合失調症の症状は、
今のところ治まっています。

やはり半年間入院したのは大きかった。


DSC_1900c

今飲んでいる薬です。

これでもかなり薬が減りました。

まだ治療中ですが、回復しているのを自分でも感じます。

うつ病歴9年です。

長い道のりですが、焦らず治療していきます。

正直なところ、
「いつ病気が治るのか・・・」
といった先の見えない不安はあります。

私はうつ病を患ってから、
医師の言いつけを破って働こうとしたことがあります。

20社近くの面接を受けました。

私はうつ病を隠して入社して、後から
「話が違う!うつ病なんて聞いてない!」
などと問題になりかねないのが嫌で、
面接の際にうつ病であることを話していました。

結果は、病気を理由に全社不採用になりました。

差別と言ってもいいような扱いを受けました。

悲しいことです。

うつ病と言う言葉は広く世間に認知されるようになりましたが、
社会でうつ病に対する理解があるか?と言うと、まだまだだというのが私の実感です。

そういった偏見や差別が無くなるよう願うばかりです。

皆様方におかれましては、
病気を患っている方に対して温かく見守ってくださるようお願いいたします。

病で一番苦しいのは本人です。

病を抱えながらも這い上がろうと頑張っているのです。

もし皆様の身近に病を抱えている方がいらっしゃいましたら、
その方を温かく見守ってくだされば幸いです。

いつも応援して下さる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/66-62e977cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
Twitterもやっています。↓
https://twitter.com/s_realblue
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (78)
病気 (29)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (18)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。