FC2ブログ

2018-11

デッサン紹介・デッサンについて。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今までお見せしていなかった私のデッサンをお見せ致します。

全て予備校で18歳の時に描いたものです。

DSC_0680b.jpg
ミケランジェロ作の「瀕死の奴隷」
という作品の石膏像です。

私は美術系予備校で一浪しましたが、
以前書いた通り工業高校出身のため、
高校では美術の時間が少なくて、
予備校でのスタート地点から既に他のみんなから遅れていました。

このデッサンは自分なりに遅れを取り戻そうと、
予備校の授業が終わったあとにアトリエに残り、
自主的に書いたデッサンです。

忙しくなってしまい、
未完成のままですが、
立体感や形、空間を描けていると思っています。

デッサンは形だけではなく、
対象物が置かれているその場の空間も描かないといけないのです。

DSC_0676b.jpg
こちらはモデルさんのデッサンです。

実はあまり気に入っていません。

モデルさんという数十キロもある物体が立っている、
ということを表現しようと、
重厚感や筋肉の動き、
重さを表現しようと、
足ばかりに力を入れすぎるあまり、
上半身の仕事量が少なくなってしまい、
上半身と下半身が別の人が描いたようになってしまいました。

あと、手の大きさも小さいです。
肩の筋肉や肩と首の位置関係もおかしいため、
手に持っているステンレスの棒がやたら重たいように見えてしまっています。

なぜこのような気に入っていないデッサンをお見せするかというと、
もっといいデッサンは私が美大に合格した際、
予備校から「後輩たちの参考作品として置かせて欲しいから売って欲しい」、
と言われ、「後輩たちのためになるなら」
と思い予備校に売ってしまったからです。

一枚3000円で買われました。

DSC_0682b.jpg
こちらもミケランジェロ作の「瀕死の奴隷」です。

まあまあ気に入っています。

私は誕生日が12月のため、
ここでお見せしたデッサンは全て18歳の時のものです。

デッサンとは物の見方です。

デッサンとは、美術全般の基礎であり、基本です。

ただ描けばいいというわけではありません。

まずは目の前にモデルさんなり石膏像なりの対象物が在る、
という現実を捉え、表現しなければいけません。

そのためには、
まずは物事の本質を捉える「目」が必要です。

「観察眼」「審美眼」「洞察力」と呼ばれるものです。

それらを身につけた上で、
初めて「表現」へとつながっていくのです。

デッサンが描ける、
ということは基礎ができているということと、
本質を見極める目を持っているということに他なりません。

物事には全て基礎が大事です。

何事も基礎があってこそ、応用や表現ができるのです。

美大の入試でデッサンの実技があるのは、
その「基礎ができているか」を見るためです。

ささやかな自慢ですが、
私は武蔵野美術大学に、
実技のデッサンを満点で合格しました。

私が彫刻から写真へと表現手段を変えた際に、
独学ながらもできるようになったのは、
予備校でたくさんデッサンを描いて、きっちりと基礎を身に染み込ませていたからだと思います。

基礎が出来ていれば何でもできます。

芸術とは、作者が作品を作って、その作品で語ってこそです。

全てはそこから始まるのです。

そのための基礎として、
デッサンやデッサン力は必要なのです。

もっと気に入っているデッサンをお見せできなくて申し訳ありません。

デッサンとは表現におけるすべての基礎であり基本です。

いつも支え応援して下さる皆様、
このブログをご覧頂いている皆様、
いつもいつもありがとうございます。
大変感謝しております。

これからもよろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/64-68ca394e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ちなみにメールは見れない時がありますので、作品をご希望の方はコメント下さいませ。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (80)
病気 (35)
交友関係 (3)
メンチ (13)
日記 (17)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR