2017-11

メンチ!6(19歳の誕生日)

今日9月20日は、私の愛娘の猫のメンチの、
19歳の誕生日です!!!

1995年の9月25日に、
まだ赤ちゃんなのに捨てられていたのを拾って、
すぐに動物病院に連れて行ったところ、
「生後5日ですね」と言われたので、
9月20日がメンチの誕生日です。(仮想ですが)

私は猫アレルギーなので、
捨てられてたメンチを拾おうか最初迷ったのです。

「猫アレルギーの自分がどこまで愛情注いであげられるか・・・?」
と思ったからです。

でも誰も拾ってあげずに、衰弱していくメンチを見殺しにはできませんでした。
かっこつけているわけではないです。

拾うと決めた時は、
「消えかかってる命を見殺しにできるほど俺は根性腐ってない!」
と思いました。

なにしろ「命」ですから。
それは人間も猫も同じです。

拾ってからは、私なりに精一杯愛情注いで育ててきたつもりです。

今日嬉しい事がありました。

昨夜日付が変わってメンチの誕生日になった瞬間、
メンチが私のひざに乗ってきて、
のどを鳴らしながら私の顔をなめてくれたのです。

心が通じ合っている喜び、
19歳まで長生きしてくれて、
私と一緒にいてくれている喜び・・・
私は嬉しくて泣いてしまいました。

DVC00126.jpg
そこでメンチには誕生日プレゼントとして、
缶詰のゴージャスご飯をあげました。

普段高齢の為病院食を与えているのですが、
「誕生日はおいしいご飯食べさせてあげたいな」
と思っていたのです。

DVC00122.jpg
マグロの缶詰です。

普段メンチには、病院食の「チキン&ライス」
と言うのをあげてるのですが、
「毎日同じ味だとかわいそうだな。でもこの病院食のこの味じゃないと吐くかもしれないし・・・」
ということなのですが、
「誕生日ぐらいはおいしいご飯食べさせてあげたい」
と思い、獣医さんに聞いたところ、
「それくらいなら大丈夫だと思いますよ」
と言われたのでメンチに食べさせました。

DVC00123.jpg
すごい勢いで食べてました。

やっぱり普段のご飯に飽きてたのでしょうね。

DVC00124.jpg
おいしいご飯食べて、お部屋でゆったり。

DVC00116.jpg
しばらくしたら甘えてきました。
なでなで。

DVC00119.jpg
夜が明けてから、違う缶詰をあげました。

DVC00118.jpg
これまたすごい勢いで食べてくれました。

DVC00120.jpg
隣にある普段のご飯には目もくれず。

DVC00121.jpg
いっぱい食べてくれて嬉しいです。

本当は、年齢や栄養価などを考えると、
病院食のほうがいいのですが、
たまにはおいしいご飯を食べさせてあげたいのです。

本当によくがんばって長生きしてくれていると思います。
とてもとても嬉しいです。

DVC00114.jpg
メンチ、これからもずっと一緒にいようね。
来年も一緒にお誕生日をお祝いしようね。
まだまだ長生きしてね。

メンチとパパはずっと一緒だよ♪










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/38-85a487a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
Twitterもやっています。↓
https://twitter.com/s_realblue
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (79)
病気 (29)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (19)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR