2017-11

作品紹介その18

作品紹介です。
日本全国梅雨明けして本当に夏が来たので、
涼しげな写真の作品を。
SAMPLEの文字とサインを入れた以外はパソコンなどは使っていません。
写真を青くするフィルターなども使っていません。
フィルムにこれがそのまま写っています。
特殊な撮り方をしています。
例によってどうやって撮っているかは秘密です。
まだ個展などでは発表していない作品です。

FH000012.jpg

よしずと江戸風鈴です。
この風鈴は私が高校生の時に買ったものです。

私は四季の中では夏が一番好きです。
青い空と入道雲、照りつける太陽、冷えたラムネ、
風鈴の音色、青い海、花火・・・などなどワクワクしますし、
情緒を感じます。

私の撮る写真は、青をコンセプトカラーにしているので、
以前個展を開いていた時には、
「冬では寒々しいかな?夏の方が清涼剤になるかも?」
と思い、夏に個展を開いていました。

以前このブログでも書きましたが、
私は「人間の純粋な心」を作品のテーマにしているので、
「見てくださった方が難しいことを考えないで、
ただ純粋な気持ちになって癒されてくれればいいな。」
と思って作品を作っています。

ここで前回の記事の続きですが、
私はこのように特殊な撮り方で写真を撮っています。
それは写真の中に自分を写し込めたいからです。
これはあくまで私の考えですが、
例えば誰かが富士山の写真を撮ったとします。
もちろん、その場所に撮ったその人がいて、
その人の心が動いて、露出など考えて撮っているのでしょう。
私も彫刻から写真へ表現手段を変えた当初は、
そのような写真を撮っていました。
ですが、ある時「これって私のことを知らない人が、写真だけを見てくれても、
私が撮ったってわからないのではないか?」と思ったのです。
そこで「誰が見ても私が撮った写真だとわかるような、
自分の世界を作りたい。いや、作らなければいけないのではないか?」と思い、
「ならば、写真の中に自分を写し込めたい!」
と思って、いろいろ試行錯誤を繰り返し、
自分の武器となるような撮り方を手に入れました。
これはあくまで私の考えです。
他の写真家様や、表現者様を否定しているのではありません。

この星には70億人以上の人間がいますが、
同じ人は二人いません。
私という人間も一人しかいません。
その真実を、私は芸術の世界に見つけたのです。

いつも応援してくださっている皆様、
このブログをご覧になってくださっている皆様、
いつもいつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/34-4a4f1869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
Twitterもやっています。↓
https://twitter.com/s_realblue
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (79)
病気 (29)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (19)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR