FC2ブログ

2020-02

やっぱり芸術が好き

皆様こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか?


前回の記事では大変ご心配をおかけしました。


しばらく考えたのですが、
私はやっぱり芸術が好きです。


好きというより、
私の生きる道です。


たとえ誰かに馬鹿にされようが、
たとえ貧しかろうが、
まったくかまいません。


離れてみて、
改めて感じました。


000008ba.jpg

花の写真です。


このままフィルムに写っています。


フィルムを使うのは、
私のこだわりです。


デジカメも悪くないのですが、
あくまでデータです。


フィルムは形が残ります。


そしてシャッターを切り、
音とともにフィルムが巻かれる感覚、
これはフィルムカメラならではです。


それと粒子の粗さ。


デジカメほどきれいすぎずに写るのも、
味があっていいものです。


いかにも「作品を作ってる」感じがあります。


人間の素晴らしいところは、
高度な頭脳や言語を持っているだけではありません。


モノを作り出して、
残していけることだと私は思います。


モノづくりに携わっている芸術家は、
素晴らしい仕事であり、
私にとっての天職です。


離れている間、
いろいろなものを見て、
そのことに改めて気づいたのです。


好きなことを好きでいるためには、
べったりではなく、
ときに離れてみるのもいいものです。


結果論になりますが。


これからもよろしくお願いいたします。



いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。


大変感謝しております。


関連記事
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風、神経性胃炎などを治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真・CGで作品を作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品を作っています。
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で3万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (92)
病気 (44)
交友関係 (3)
メンチ (13)
日記 (22)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR