FC2ブログ

2018-09

入院・手術・退院

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私は昨日と今日、入院していました。

大腸ポリープを切除するためです。

まず26日は朝から大量の下剤を飲まなければなりませんでした。

水のような便が大量に出てきつかったです。

そして病院へ。

検査着に着替え、内視鏡でポリープを切除しました。

ポリープを切るときは痛くないのですが、
内視鏡を奥まで入れられるのが、
拷問のように辛かったです。

ポリープの切除は、すぐに終わりました。

そのあとやたらガスが出ました。

そして病室へ。
DSC_4609b.jpg

DSC_4610b.jpg

DSC_4611b.jpg

大腸の一部を切ったせいで、
食事は無しで点滴のみでした。

夜中にふとトイレへ行きたくなって起きたら、
寝ている間に血液が点滴のチューブを逆流していて驚きました。

ナースコールで看護師さんを呼んで対応してもらいました。

寝ている間も点滴だったのです。


持っていった普段の薬を飲んで寝たので、
睡眠薬が効いて翌朝はなかなか起きられませんでした。

DSC_4612b.jpg
またも食事は無しでした。

今日は心電図とレントゲンをやりました。

そしてお昼過ぎ、ようやくおかゆが出されました。
DSC_4615b.jpg


全ての検査が終わったあと、
医師からいろいろな説明を受けました。

左の方の腸のポリープを切除したそうです。

一週間は食事に気を付けて、なるべく安静にしているように、とのことでした。


手術は怖かったです。

ですが前日、
いつもお世話になっている訪問看護のHさんから電話がありました。
「明日は頑張って下さい。悪性ではないことを祈って、応援しています。」
とのことでした。

私は大変嬉しかったです。

気にかけて心配してくれる人がいるのは本当にありがたい。


しかし、私は今まだスッキリしないでいます。

医師に「悪性なものですか?」と聞いたら、
「まだ分からない。一週間後の7日に伝えられるから、また来てください。」
と言われました。

どうやら外部に委託して検査するらしいです。

ですので、まだまだ不安です。


でも、運命的な事もありました。

手術の26日は私の愛娘の猫のメンチの命日だったのです。

きっとメンチが守ってくれたと思います。

とにかく落ち込まずに、7日まで待とうと思います。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


皆様も、どうかお体をお大事に。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realblueblog.blog.fc2.com/tb.php/162-74022b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ちなみにメールは見れない時がありますので、作品をご希望の方はコメント下さいませ。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (91)
病気 (35)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (19)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR