FC2ブログ

2018-09

私はピエロになりたい。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


突然ですが皆様はピエロをご存知でしょうか?

いつも人を笑わせる、あのピエロです。

テレビなどで一度は目にしたかと思います。

ピエロというのは人を笑わせる道化師です。


さて、ここで質問です。

ピエロのメイク、
涙が描かれているのをご存知でしょうか?


ピエロの涙には諸説あります。

一番有力な説として、
このようなものがあります。

以下に書きます。

19世紀のフランス、
弾圧が厳しい中、セリフなどが要らないパントマイムが好まれていたそうです。

そんな社会の中ピエロは演劇に出てくる、
「クラウン(道化師)」だったそうです。

その中、実在の役者「バチスト・ドビュロー」が演じたピエロが評判を呼びました。

そんなバチストでも舞台を降りる日が来ます。

引退公演では拍手が鳴りやまなかったそうです。

その時、今までピエロ役で一言も言葉を発しなかったバチストが、
感激のあまり声を出して大粒の涙を流したそうです。

その涙がピエロのメイクの涙になったそうです。


BeautyPlus_20180920145916_saveb
ピエロのメイクをしてみました。

お酒で酔っているわけではありません。


私はピエロになりたいのです。


いつも人を笑わせて喜ばせるピエロ。

素晴らしいと思います。


ピエロのようでありたいのです。


ピエロは顔では笑っていても、
心は泣いているのです。

それもすべてみんなを喜ばせるために。


私も芸術家としてそうありたいと思っています。

私は見てくださる方を喜ばせたいだけなのです。

貧乏でも構いません。

皆様が喜んでくださるのならば、
私は喜んで道化になります。


そして皆様も、
心に悲しみを抱えていながら明るくふるまっていらっしゃるのかもしれません。

お気を悪くなされたならば申し訳ございません。


私は貧しい芸術家ですが、
ピエロのように誰かを喜ばせていれば幸せです。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

だいぶ涼しくなってきましたので、
皆様方におかれましては、
くれぐれもお体にはお気を付けくださいませ。


関連記事
スポンサーサイト

母の誕生日・私の原点

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私はこの数日、
謎のめまいと脱力に襲われています。

たまにこのようなことがあるのです。

ですので今回も長々とは書きません。


しかし、4日は実家へ行ってきました。

母の誕生日だったのです。

自慢ではないですが、
私は毎年、
母の日や父の日やクリスマスなどに、
プレゼントを贈っています。

去年のクリスマスには、
時代劇大好きな父には新撰組の本を、
母にはショールをプレゼントしました。

母は泣いて喜んでくれました。


今年の母の誕生日は、
大天使ミカエルのお守りをプレゼントしました。

ミカエルは天使の中でも最強の天使です。

母も私のクリスチャンではないのですが、
母の健康と長寿をお願いするお祈りをささげてプレゼントしました。

喜んでくれて嬉しかったです。


さて今回のタイトル、
私の原点ですが、
今まであこがれている方や影響を受けた方などは書いてきましたが、
原点は違います。

私の原点。

それは母です。

IMG_20160107_153256b.jpg

IMG_20160107_153325b.jpg

私が小学二年生の時に、
学校で作った版画です。

髪や服の部分などに様々な生地を使っています。

弟と遊んでいるところです。

小学二年生にしてはいいものが作れていると思います。


私の原点が母と書きましたが、
母は美しいものが大好きで、
実家の庭には常に何かしらの花が咲いています。

私が幼いころは、
造花を作って飾ったり、
綺麗な絵を飾ったりしていました。

私は物心ついた時から常に美しいものに囲まれ、
そのような環境で育ちました。

それは母のおかげです。

私のセンスの原点は母にあるのです。

それは母も認めています。


両親にはまだまだ長生きしてほしいです。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。



関連記事

引っ越し

皆様、こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私事ではありますが、本日9月1日に引っ越しをしました。

以前のアパート、不便が多かったので。

引っ越し準備に追われ、なかなか作品作りを出来ずにいました。

今現在も荷ほどきで忙しいです。



今のアパートのお風呂場です。

完全にリフォームされています。

さらにトイレにはウォシュレットが付いています。

普段、過敏性腸症候群の下痢がひどい私にはありがたいです。

まだパソコンがネットワークにつながっていなくて、今回はスマホからの簡易更新とさせていただきます。

8日にネットにつなぐ工事の方が来る事になっています。

それまではパソコンはネットにつながっていません。

今までのアパート、不便や不満が多かったのです。

思いきって引っ越ししました。


しばらく作品はお待ち下さいませ。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


また台風が来るとのことですので、皆さま方におかれましては、くれぐれもお気をつけ下さいませ。

関連記事

作品紹介68・表現とは。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今現在朝の7時。

早起きしたわけではありません。

体調が悪くて眠れず起きていて、
「腐ってはいけない!」
と作品を作っていたからです。

作品紹介です。

SS001b.jpg

夏の海に沈む夕日を絵の具オレンジ一色で描いてみました。


さて、今回のタイトル、
「表現とは」
ですが。

今は芸術の世界が何でもありになり、
表現のすそ野は広がりました。

今回はあまり深くは書きませんが、
私は芸術とは万人のためにあるべき、
と考えています。

ただそのせいで、
見てくださる方を置き去りにするような作品や、
言葉で語るだけ、
のような作家も増えました。

はたしてそれでいいのでしょうか?

芸術家やアーティストを名乗るならば、
やはり作品を作って、
その作品を通して見てくださる方と対話するのが、
芸術家の本分ではないかと思います。

言葉で説明出来たら作品要らないですしね。

作品が要らなければ芸術家ではないのではないでしょうか?

そういった今の芸術界の在り方にも疑問を感じてしまいます。

私が苦労して美大まで出たのは何だったのか。

このままでは今の芸術界は、
先の細いマニアックな世界になってしまいます。

「何でもあり」ゆえのことです。

私が芸術家として古臭いのでしょうか?

ですので私はいつも体調悪くても作品を紹介しています。


私はいつも、
見てくださる方が一瞬でもいいので、
純粋な気持ちになってくれたら、
という思いだけで作品を作っています。

お金や地位や名声が目的ではありません。

私の夢はそんなくだらないことではありません。

他の作家様を否定しているわけではありません。

私は確固たる信念と誇りとプロ意識を持って芸術に取り組んでいます。

私のような芸術家がいてもいいのではないか?
と思います。

続きがあるとしたらまたいずれ。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

関連記事

作品紹介67・過去と現在

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

ブログの更新が止まってしまっていて申し訳ございませんでした。

それほどまでに私は体調が悪いのです。

なかなか浮上できないでいます。


作品紹介です。

flower012b.jpg

アメリカ芙蓉(ふよう)のCGです。

花言葉は
「日ごとの美しさ」
「しとやかな恋人」
「はなやかな生活」
などがあります。


ここで「作品紹介65」の記事の続きです。

その記事の中で、
「年を取ったらそれなりの表現がある」
と書きました。

年を取るのは悪いことではありません。

それによって作品も変わっていきます。

若々しい感性もいいですが、
年を取り余分なぜい肉がそぎ落とされた、
骨太な作品もいいものです。

まことにありがたいことに、
私は20年以上芸術の世界で生きさせていただいております。

支えて応援してくださる方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

ですが、
これだけ長くやっていると、
それゆえの悩みもあります。

今まで何度か書いてきた通り、
私は以前は天使の彫刻を作っていました。

その天使のインパクトが大きかったのか、
いまだにいろんな方から、
「もうやらないのですか?」
「彫刻に未練はないのですか?」
「やめてしまうのはもったいない」
などと言われます。

ですが私は、
「表現者とは常に挑戦し、
自分の可能性を広め、
向上し続けなければいけない」
と考えています。

もちろん変わらないことの良さもあります。

ただし一つのことにこだわりすぎると、
自分の表現や人間としての幅が狭くなる、
と思います。

根本にあるコンセプトや魂が変わらなければいいのです。

そのため私は、
彫刻から写真やCGなどを作るようになりました。

天使の彫刻が評判がよかったのは嬉しいですが、
そのイメージがいまだに付きまとうのです。

作家とは宿命的にそうなのかもしれません。

ですが私は、
評判がよかった天使の彫刻をよりどころにして生きていくつもりはありません。

これからも私は挑戦をしていきます。

年を取って感性も変化しましたし、
何よりいつまでも同じことをしていてはつまらないですから。

私はそれを「進化」ととらえています。

ちなみに天使の彫刻は、
「作品紹介その5」
の記事で詳しく紹介しています。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


今年の夏は本当に暑いので、
皆様方におかれましては、
水分や塩分を随時補給していただき、
休憩などもとり、
しっかりと暑さ対策をしてくださいませ。


※この記事は私個人の主観です。
関連記事

あなたはどう思いますか?

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

DSC_4626b.jpg
サフィニアの花です。

実家の庭に咲いているのを撮りました。

花言葉は
「咲きたての笑顔」
です。

毎日つぼみをつけ花を咲かせることから、この花言葉がつけられたそうです。


私は昨日、精神科の通院でした。

手術したポリープが悪性なものではなかったことを主治医に伝えると、
とてもうれしそうにしていらっしゃいました。

その先生に内視鏡をやるように言われたのです。

先生に、
「僕は先生が言ってくださらなければ、
内視鏡はやらなかったと思います。」
と話すと先生は、
「いえ、ちゃんと予約して検査をして、
手術もしたという行動に移したのは中島さんですよ。
言っても聞いてくれない患者さんも多いですからね。」
と言っていました。


そして私はいま、
引っ越しを考えています。

今のアパートは他の住人の方がうるさいので。

不動産業者5社をあたりました。

私は病を抱えているため、
そのことも不動産業者に話しました。

嘘はつきたくないですし、
あとから「そんな話聞いてない!」
などともめ事になるのも嫌だったからです。

結果はすべての業者から、
「病気の人には部屋は貸せない。」
と言われました。


これはもはや偏見どころか差別です。

何も悪いことなどしていないのに。

悪いことをして病んだ訳でもないのに。


そのことを訪問看護のHさんに話したところ、
「残念なことにいまだに社会では、
そういった偏見や差別があるんですよね。」
と言われました。

そのHさんがおっしゃるには、
凶悪犯罪などを犯す人の割合は、
精神の病の人よりも、
健常者のほうが割合的にはるかに多いらしいです。

ただメディアが、
精神病者が犯罪を犯すと、
それに結びつけて大々的に報道してしまうので、
精神病者=犯罪者
のようなイメージができてしまうのです。

私はそのようなメディアの在り方に疑問を感じてしまいます。


そしてHさんからは、
呉秀三(くれしゅうぞう)という精神科医の話を聞かせていただきました。

呉先生は日本の精神医学の草分け的な存在で、
精神について学ぶ際には一番初めに学ぶ方だそうです。

呉先生は精神病者の理解を広める活動をなさっていたそうで、
それまで精神病者は手錠を付けられ、
小さな小屋や座敷牢に入れられて、
そこで監禁状態のような生活をさせられていたそうです。

呉先生の言葉に、
「わが邦(国)十何万の精神病者は実にこの病を受けたるの不幸の他に、
この邦(国)に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」
というのがあります。

まさにその通りだと思います。

日本にはまだまだ精神病者に対する偏見や差別が根強く残っています。

私も含めた精神病者は、
そういったこととも戦っているのです。


同情などはいりません。

それよりも理解がほしいのです。

切実なる願いです。


今回の記事、
もしかしたら多くの方が興味ないかもしれないですし、
読んでいてつまらないかもしれません。


ですが私は、
発信する側の人間として、
そういったことも皆様に伝え問いかけたいですし、
社会における精神病者の地位向上のお手伝いがしたいのです。


あなたはどう思いますか?


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


暑さが厳しいこの夏、
皆様方におかれましては、
くれぐれも熱中症などにはお気を付けくださいませ。


7月21日追記
私がこのような記事を書くと、ブログ人気ランキングでの反応があまり良くないです。
やはり大多数の方がこのような事に関心が無いのでしょうか。
とてもとても悲しい事です。
ですが私はこれからも、精神病者の地位向上のため、このようなことを発信していきます。
芸術家である以前に表現者として、そうしたことも伝えていかねばならないと考えています。
どうかご理解下さいませ。
私は精神病者の地位向上のため戦い続けます。


関連記事

作品紹介66・検査結果

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

作品紹介です。

000015b.jpg

青い写真です。

友人からもらった時計を接写して撮りました。

例によって、
なぜ写真が青いのかは秘密です。

写真を青くするレンズフィルターなどは使っていません。

私独自の特殊な撮り方で撮っています。

サインを入れた以外はパソコンも使用していません。


私は今日、
先日手術した大腸ポリープが悪性なものなのか、
病院へ行って検査結果を聞いてきました。

外部に委託して検査していたのです。

結果は・・・
悪性のものではなく、
ガンでもないとのことでした。

その結果を聞くまでは、
ずっと不安でした。

「もしガンだったら」
と思うと怖かったです。

医師は、
「これ放っておくとガンになるやつだから、
早めに発見できて取ることができて良かった。」
と言っていました。

これからは、
定期的に健康診断を受けたほうがいいかと思いました。

本当に何ともなくて良かったです。

ご心配おかけしました。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


最後になりましたが、
この度の豪雨で被害にあわれた方には、
心よりお見舞い申し上げます。

関連記事

作品紹介65

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

このところ病気関連の記事が連続してしまい、
申し訳ありません。

ですが、
病気も含めたありのままの私を見ていただきたいのです。


ここで作品紹介です。

作品を作っていなかったわけではないのです。

flower011db.jpg
ガーベラの花のCGです。

自信作です。

そしてお待たせいたしました。
新しい作風に行きつきました。

微妙な違いかもしれませんが、
どう違うかわかりますか?

作品紹介61の記事でお見せした、
桜の作品をヒントに、
この形になりました。

毎回写真をベースにして作っているのですが、
今回の作風では見せたいモチーフの花だけを残し、
他の部分をすべて消しました。

余分なぜい肉をそぎ落としたかったのです。

正直なところ、
私の中で若いころのような感性は失われています。

ですが、
代わりに経験に裏打ちされた、
熟されたものがあります。

それはそれでいいのです。

人間は日々成長しますし、
様々な経験を重ねます。

年を取るのは悪いことではありません。

年を取ったらそれなりの表現があるのです。

私はそれを「進化」ととらえています。

今回はここまで。

続きはまたいずれ。


ちなみにガーベラの花言葉は、
「希望」
「常に前進」
などです。

自分で言うのはおこがましいですが、
今の自分にピッタリな花言葉だと思います。

私は七夕の日にならないと、
切除したポリープが悪性なものかどうかがわかりません。

その点不安もあります。

しかし、
病を抱えてしまった以上、
向き合ってうまく付き合っていくしかないのです。

それも今の私です。

そのため私は、
つまらない記事になるのを承知で、
病気のことについても書いています。

このブログをご覧いただいている皆様の中に、
私と同じような病を抱えておられる方がいらっしゃるかもしれません。

もしそういう方がいて、
少しでもこのブログが励ましになっていれば幸いです。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


関連記事

入院・手術・退院

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私は昨日と今日、入院していました。

大腸ポリープを切除するためです。

まず26日は朝から大量の下剤を飲まなければなりませんでした。

水のような便が大量に出てきつかったです。

そして病院へ。

検査着に着替え、内視鏡でポリープを切除しました。

ポリープを切るときは痛くないのですが、
内視鏡を奥まで入れられるのが、
拷問のように辛かったです。

ポリープの切除は、すぐに終わりました。

そのあとやたらガスが出ました。

そして病室へ。
DSC_4609b.jpg

DSC_4610b.jpg

DSC_4611b.jpg

大腸の一部を切ったせいで、
食事は無しで点滴のみでした。

夜中にふとトイレへ行きたくなって起きたら、
寝ている間に血液が点滴のチューブを逆流していて驚きました。

ナースコールで看護師さんを呼んで対応してもらいました。

寝ている間も点滴だったのです。


持っていった普段の薬を飲んで寝たので、
睡眠薬が効いて翌朝はなかなか起きられませんでした。

DSC_4612b.jpg
またも食事は無しでした。

今日は心電図とレントゲンをやりました。

そしてお昼過ぎ、ようやくおかゆが出されました。
DSC_4615b.jpg


全ての検査が終わったあと、
医師からいろいろな説明を受けました。

左の方の腸のポリープを切除したそうです。

一週間は食事に気を付けて、なるべく安静にしているように、とのことでした。


手術は怖かったです。

ですが前日、
いつもお世話になっている訪問看護のHさんから電話がありました。
「明日は頑張って下さい。悪性ではないことを祈って、応援しています。」
とのことでした。

私は大変嬉しかったです。

気にかけて心配してくれる人がいるのは本当にありがたい。


しかし、私は今まだスッキリしないでいます。

医師に「悪性なものですか?」と聞いたら、
「まだ分からない。一週間後の7日に伝えられるから、また来てください。」
と言われました。

どうやら外部に委託して検査するらしいです。

ですので、まだまだ不安です。


でも、運命的な事もありました。

手術の26日は私の愛娘の猫のメンチの命日だったのです。

きっとメンチが守ってくれたと思います。

とにかく落ち込まずに、7日まで待とうと思います。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


皆様も、どうかお体をお大事に。

関連記事

初めての大腸内視鏡、そして入院へ。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は昨日5日に、大腸の内視鏡検査をしてきました。

私が抱えている過敏性腸症候群の下痢がひどすぎるので、
内視鏡検査をするように医師から言われていたのです。

まず前日には夜8時以降は何も食べられません。

そして翌日の検査なのですが、
予約は1時45分でしたが、
朝の8時から下剤を飲まなくてはいけません。

DSC_4604b.jpg
このような、水を入れて粉を溶かして飲む下剤です。

2リットルを2時間かけて飲みます。


そして検査ですが、
拷問レベルにきつかったです。


そこで医師が言うには、
「かなり大きいポリープがある。これは入院しないとダメなやつだ。今日入院できますか?」
と。

写真を見せてもらったのですが、
それはお見せしません。
グロいからです。

さすがにその日は何も準備していなかったので、
入院は断りました。

しかしながら、
放置できない大きさらしいので、
26日に入院します。

翌日には帰れるらしいので、
一泊二日の入院ですが。

内視鏡で切除するらしいです。

ただ、大腸ポリープは放っておくとガンになったり、
それ自体がすでにガンになっていることもあるそうです。

切除したポリープを顕微鏡で検査して、
悪性のものかがわかるそうです。

私は聖人君子ではないので、
「もしガンだったら」
と思うと怖いです。


医師からは、
「あと半年以上放置していたらまずいとこだった」
と言われました。


私はまだ死にたくはありません。

夢がありますので。

皆様も一度内視鏡検査をされることをお勧めします。


下手をすると命にかかわりますから。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


関連記事

作品紹介64

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私はここしばらく体調がいいです。

作品紹介です。

Au#001b

クレマチスの花のCGです。

花言葉は
「精神の美」
「美しい心」
「清廉な心」
「高潔」
「旅人の喜び」
などです。

花言葉のイメージ通りに作れたと思っています。

ちなみにこの作品は、私が応援しているアイドルの誉あう(ほまれあう)さんを表現した作品です。

誉あうさん、とても可愛らしくて、
病気を抱えた私にも優しくしてくださり、
全曲作詞をして振り付けも考え、表現者としてとても頑張っていらっしゃる方です。

誉あうさんTwitter
@auhomare



さて、
冒頭でも書きましたが、
この半月ほど過敏性腸症候群の下痢が治まっています。

薬をしっかり飲み、
食事にも気を遣うようにしてしばらく経ち、
その効果が表れているのかもしれません。

ただ、
以前も同じことがあったので、
一時的なものかもしれません。

ですので油断はできません。

でも健康って素晴らしいですね。

意志さえあればなんでもできますから。


今回の花言葉の「清廉な心」


清廉とは、
「清らかで私欲がないこと」
という意味があります。

私が清らかかどうかは別として、
あまり欲がないのは事実です。

芸術に関しても、
お金や地位や名声がほしくて取り組んでいるわけではありません。

「お金持ちになってフェラーリ乗り回したい」などとは考えません。


私の目標はもっと違うところにあるのです。

見てくださる方の心に純粋で癒しの風を吹かせたいのです。

私はブログランキングサイトへ登録していますが、
それはツイッターのフォロワーの方が、
「こういうサイトに登録しておけばたくさんの人が見てくれますよ」
と進言してくださったので登録しているのです。

ランキングサイトの順位は、
おまけで付いてくるようなものです。

表現者の本分は、
作品を作って何かを伝えることです。

変に欲を持ってしまうと、
それが雑念となり、
本当に表現したいことの邪魔になってしまいます。

ランキングサイトの結果が目的になってはいけないと考えています。

ですが、
ランキングサイトで評価してくださっている方々には、
感謝の言葉しかありません。

評価していただけるのは素直に嬉しいですし、目に見える形で評価していただいたということですから。

いつも本当にありがとうございます。

皆様からの応援は大変力になります。

これからも応援よろしくお願いいたします。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


7月21日追記
6月3日、誉あうさんの生誕イベントに参加して、この作品をお渡しすることができました。
この作品は、誉あうさんに捧げる作品として作りましたので、いくら高額なお金を出されても誰にも売りません。

関連記事

作品紹介63・考えていること2

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は今腰が痛いです。

大学三年の時、
自分よりも大きな彫刻を作っていたら、
腰を痛めてしまいました。

芸術家は頑張って体を動かして作品を作るため、
腰痛持ちの人が多いです。

私も腰を痛めたときは教授から
「まあ職業病みたいなもんだ」
と言われました。

それ以来腰痛持ちになってしまい、
何かあると腰が痛みます。

今回は急に涼しくなったからだと思います。
気を付けてはいたのですが。


作品紹介です。

flower#1b
花の写真です。

接写して撮り、
パソコンでピンクにしました。

この作品にも、
SAMPLEの文字は入れていません。

邪魔だと思いましたので。


ここで前回の記事の続きです。

前回私は、
障がいを抱えている人に対して社会でまだ理解が浅い、
と書きました。

そのことについて、
もう少しお話しします。


私は精神の病のため、
障がい者手帳を持っています。

そして病みながらも再就職しようと、
いくつもの企業の面接を受けました。

すべて病気を理由に不採用でしたが。

さらに、
障がい者専門の集団面接会にも何度も行きました。

ハローワークには、
障がい者雇用枠というのがあるのです。

ですが、
その集団面接会でも不採用でした。

そして会場の中央の椅子に座ってよく見ていると、
ほとんどの企業がその場で履歴書を突き返していました。

私のような精神の病ではなく、
車椅子や杖をついている方も同じ扱いでした。

障がい者雇用をすれば、
企業に国から助成金が出ます。

でも企業としては、
障がい者を雇いたくはないのでしょう。

その代わり、
集団面接会などに形だけ参加して、
障がい者に理解がある、
というポーズを取りたいのでしょう。

もちろん真面目に話を聞いてくれた企業もありました。
ですがほんの一握りです。


哀しいことにこれが現実です。


どうかもっと障がい者の方に対して優しい社会になりますように。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


まだまだ涼しい日がありますので、
皆様お体にはお気を付けくださいませ。
関連記事

作品紹介62・考えていること

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

作品紹介です。

000001b.jpg
久しぶりに青い写真を撮ってみました。

花の名前は知りません。



それよりも私には気になっていることがあります。

それは社会の中でまだまだ精神の病を抱えている人に対して理解が浅いからです。

実をいうと私は精神の病を抱えながら再就職しようと、
今まで経験してきてわかっている企業の20社以上も面接しました。

しかしながら、全社が病気を理由に不採用でした。

経験がある業種を選んだのですが。


とても哀しかったです。

これはもう偏見どころか差別です。

そういった扱いを受けてきました。

哀しいことです。

誰も好きで病んだりしません。



少しでも病を抱えている方たちに理解がある社会になってほしいと願うばかりです。


皆様方におかれましては、
病を抱えている方を偏見や差別の目で見るのではなく、
暖かく見守ってくださいませ。


それが私の切なる思いです。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

関連記事

作品紹介61・桜

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの作品紹介です。

sakira004.jpg
桜のCGです。

桜の季節ですので。

今まで何度もこのブログで書いてきた通り、
私は長い間新しい作風について悩んでいました。

いろいろ試行錯誤もしました。

ですがなかなか答えが出ませんでした。

そしてある時、
自分のルーツやしてきたことを振り返ってみようと、
過去の作品を見返していました。

するとこの作品が出てきたのです。

実はこの作品、
10年ほど前に作って、
没にした作品なのです。


当時私はまだ青い写真を撮っていました。

そこで「実験」と称して作った作品です。

しかしながら、
当時の私にはあまりに突然すぎるものができてしまったので、
没にしたのです。


でも今になって見返してみると、
なかなかいいと思っています。


長い間悩んでいたトンネルの出口が見えたような気がしています。

悩みの突破口が過去の没作品とは不思議なものです。


いかがでしょうか?


以前このブログでも書きましたが、
前だけを見るのではなく、
時に立ち止まり、
横を見たり後ろを振り返るのも大切です。

なにより自分が歩んできた道のりですし、
時に立ち止まり今の自分の立ち位置を見つめないと、
前には進めないと思うのです。


ちなみにこの作品には、
SAMPLEの文字は入れていません。

邪魔だと思いますし、
このブログをご覧いただいている皆様は、
無断でコピーするようなことはなさらないと信じているからです。

いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


皆様も桜の季節を楽しんでくださいませ。

関連記事

すべてがスローモーションに・・・。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私は過敏性腸症候群の下痢がひどくて、
外出もままなりません。

この病気になって7年くらいたちましたが、
一向に治る気配がありません。

今現在も下痢がひどくて眠れないため、
ブログ記事を書いています。

食事に気を使っていても変化なしです。

病院と近所のスーパーに買い物に行くのがやっとです。


と、うつな話ばかりではつまらないので、
私が体験した不思議なことをお話しします。


大学四年の卒業制作の作品を作っていた時の話です。

天使b

以前お見せした、
この天使の作品を作っているときです。

私は集中して、
何日も徹夜したり、
ろくに休憩も食事もとらずに没頭していました。


するとある時、
不思議な感覚に身を包まれました。

私一人のアトリエではなく、
共同アトリエだったのでほかの学生もいたのですが、
突然目の前が真っ白になり、
そのあと背景がモノクロに見え始めました。

そしてすべての音が消え去り、
すべてがスローモーションに見え始めました。

粘土で形を作っていた時なのですが、
粘土に触っている感覚だけは、
指先がしびれるくらいに感じられました。

作品と自分以外のすべてが、
モノクロのスローモーションに見えたのです。


後で知ったのですが、
集中力が極限にまで高まるとそうなるのは、
アスリートなどの中ではよくあるそうです。

その後、
二度ほど同じ体験をしました。

他の作品を作っているときですが。


ささやかながら、
集中力の高さが私の自慢なのです。


今は病気と闘うのがメインになってしまっていますが、
いつか必ず浮上します!


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


もうじき冬も終わりますが、
まだまだ寒い日がありますので、
皆様くれぐれもお体にはお気を付けくださいませ。

関連記事

坐骨神経痛!

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私はまだ新しい挑戦をしています。

ですが、なかなか答えが出ません。

この一週間、徹夜などもしながら新しい作風の作品を模索していました。


そして先週末くらいから身体中が謎の痛みに襲われて、特に足が痛くて歩くのも辛いです。

昨日かかりつけの病院の整形外科が開いている曜日でしたので、痛い体を引きずって行ってきました。

とは言え、痛いので歩いて片道25分くらいの病院ですが、行きも帰りもバスを使いました。

病院では医師が痛いところを触って、
レントゲンも撮りました。
レントゲンは六枚も撮られました。

結果、腰の負担から来る坐骨(ざこつ)神経痛と診断されました。

医師に「何か無理とかしましたか?」と聞かれたので、
「徹夜なんかもしたりして頑張っていた」、と話したら「あぁ、それで負担がかかったんでしょうね。」と言われました。

DSC_4568b.jpg
神経痛の薬と痛み止めを処方されました。


「とりあえず三週間飲んでみて下さい。それでも痛むようならまた来て下さい。」
とのことでした。


正直な所、薬を飲んでも辛いです。


もう無理できない年齢だとは思っていましたが。


今回は頑張りの代償が大きかったです。

それでも私は落ち込んではいません。

そこまで夢中になって頑張れた自分を誇りに思いますし、
夢中になれる時間を過ごせた事は、私にとって一つの幸せです。

私は沢山の病を抱えていて、
さらに貧乏ですが、
幸せだと感じています。

夢をもって、それを追いかけているからです。

私は幸福者です。


しばらくは体を休めますが、
挑戦はやめません。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


大丈夫!
私は元気です!


寒い日が続きますので、
皆様お体にはお気をつけ下さいませ。

関連記事

作品紹介60

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

長いことブログの更新が月一ペースになってしまい、
申し訳ありません。

それほどまでに私は体調が悪いのです。


作品紹介です。

flower010b.jpg

デルフィニウムの花のCGです。

花言葉は
「清明」
「慈悲」
「あなたを慰める」
などです。

体調悪い中、頑張って作りました。

これはこれで、まあまあ気に入っています。

でも、納得いかない自分がいます。

花のCGは続けるとして、
新しい作風にも挑戦してみたいのです。

考えてはいるのですが、
なかなかイメージが固まりそうで固まりません。

しばらく悩んでいます。

新しい作風の作品はしばらくお待ちください。


話は変わりますが、
私は今月の9日に、
地元の神社へ行き、
厄除けのお祓いをしてもらいました。

私の人生、あまりにも病気や怪我が多いので。

個別にお祓いしていただきました。

DSC_4555b.jpg

約20分のお祓いでした。

神主さんの祝詞(のりと)の中に、
私の名前も出てきました。

健康と芸術家としての成功をお願いしました。

御札と御守りを頂きました。

その神主さん、
実は私が芸術家であるということを知っているのです。

よくお参りに行く神社なので。

お祓いが終わった後、
しばし芸術の話で盛り上がりました。

芸術好きな神主さんなのです。

そこで神主さんが、
「芸術家として成功できますように。」
と破魔矢をプレゼントしてくださいました。

神様と神主さんのお優しいお心に触れて、
「悪いものはすべて落ちました。」
という神主さんのお言葉で、
清らかな気持ちになれました。


病んではいますが、
気持ちだけは真っすぐに、
純粋で誠実でいようと思っています。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


寒い日が続きますので、
皆様方におかれましては、
くれぐれもお体にはお気を付けくださいませ。

関連記事

作品紹介59

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの作品紹介です。

AS001b2.jpg
花のCGです。

ホワイトレースフラワーの花です。

花言葉は
「可憐な心」
「細やかな愛」
「鏡花水月」
などがあります。

私が応援しているグラビアアイドルの、
清水あいりさんを表現しました。

とても可愛らしくて癒し系でお優しいのです。
いつも力と癒しを頂いています。

清水あいり様Twitter
@airishimizu


清水さん、12月17日がお誕生日なので、
捧げる作品として作りました。


私事ですが、
夏ぐらいから体調が悪化して、
デイケアもろくに通えていません。

特に過敏性腸症候群の下痢と腹痛がひどいです。

下痢がひどいあまり、
外出できなかったり眠れない日もよくあります。

さらに、自分の表現について悩み、
しばらく作品制作から遠ざかっていました。

さんざん悩み、
「まだ始めたばかりの花のCGを、もっと納得いくまで突き詰めてみよう」
と思いました。

実は私は写真のころから実験的に作品を作っているので、
没になった作品のほうがはるかに多いのです。

今回の作品も、
何度も作り直して、
この形に行きつきました。


でも久しぶりに作品作って夢中になれました。

誰かのために作品作るのっていいですね。

たとえ出来に満足できなくても、
やっぱり創作は楽しいですし、
自分が自分でいられます。

この作品を作っている間も、
さんざん自問自答して悩み、
辛い時もありましたが楽しかったです。

でも、これで終わりではありません。

私は、
「自分はもっとできるはずだ」
と思っています。

花のCGシリーズは、
まだ手探りなところもありますが、
突き詰めていこうと思います。

妥協したり向上心を失っては終わりですから。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


この作品は、清水あいりさんへ捧げる作品として作ったので、
他の誰にも売りません。


12月17日追記
清水あいりさんのバースデーイベントに参加してきました。
とても楽しくて幸せな時間でした。
この作品も無事にお渡しすることができました。




関連記事

自律神経失調症!2

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は相変わらず体調が悪いです。


そして3日の夜、
翌日が可燃ごみの回収なので、
ゴミ出しにアパートの外に出たら、
突然めまいがして後ろに倒れました。

一瞬気絶した感じでした。

そして後頭部から大量に出血して、
頭も痛いので自分で救急車を呼びました。


救急車の中です。

隣の市の病院に搬送されました。

救急車の中では、意識を失わないようにするためなのか、「今日は何月何日ですか?」等と、
ずっと話しかけられていました。

病院では頭の精密検査をやりました。

幸い脳には異常が無くて怪我も縫うほどではないとのことでした。

医師にお薬手帳を見られて、
「精神の薬飲んでるのか。」と言われ、
自律神経失調症を抱えてると話したら、
「おそらくそれが原因でしょうね。」と言われました。

自律神経失調症の症状はしばらく長いこと治まっていたので、
治ったと思っていました。

今回の出来事が一時的なものならいいのですが。

お酒飲んでいた訳でもないのに、恐いです。


帰りは病院の方がタクシーを呼んでくれましたが、
私はまさかこんなことになるとは想像もしていなかったので、
手持ちのお金が1000円しかなく、
運転手さんに「1000円で行けるとこまで行ってください。」とお願いしました。

しかし、やはりお金が足りず、
途中で降ろされてしまいました。

そこからフラフラしながら、
ガードレールにつかまりながら、
40分ほど寒い夜の中パジャマ一枚でなんとか歩いて帰ってきました。

いざというときのために、お財布の中にはいくらか入れておこう、と思いました。

それにしても怪我だけですんで良かったです。

脳に損傷受けて障害抱えたり、死んでいた可能性があった訳ですから。


この数ヶ月、
私はどんどん弱っています。

なんとか浮上したいところです。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


皆様も、怪我にはお気をつけくださいませ。

追記
昨日、玄関先の私の大量の血を水とタワシで洗い流しました。
写真を撮りましたがお見せしません。
グロいからです。

関連記事

お詫び。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私はずっと体調が悪いです。


以前の記事で、三週間ほど食欲不振でしたが、今はなんとか食べています。


更に二週間前に、
睡眠薬を飲んで寝ていたのですが、
夜中にトイレ行きたくなって目が覚めたのですが、
睡眠薬が効いていてフラついて部屋で派手に転び、肋骨にヒビ入れてしまいました。

とても痛いです。



ほとんど寝たきりです。

デイケアもしばらくお休みしています。

デイケア施設、二年間の利用期間なのですが、あまり通えず一年過ぎました。

やはり私が抱えている過敏性腸症候群の下痢がひどいため、あまり通えていないのです。


更に私はずっと芸術家として悩みの中にいます。

一昨日の夜に、突然「作品作りたい病」になったのですが、
肋骨痛いし寝なきゃいけないから素直に寝よう、と思って寝ました。

翌日も肋骨が痛いので、
作品制作はしませんでした。

今までの私なら、
肋骨痛かろうが眠かろうが、
突っ走って作品を作っていました。

ですが、今回は自制しました。

身体が第一ですから。

でも、訪問看護ステーションの方には、
「素晴らしい決断ですね。今までの中島さんからは考えられなかった、いい変化です。」と言われました。

新作はしばしお待ちくださいませ。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいてる皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

11月1日追記
まき様
先日は楽しい時間をありがとうございました。
コメント励みになります。
まき様も頑張って下さいませ。
関連記事

デイケアプログラムをプロデュース。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

しばらくブログの更新が止まっていました。

申し訳ございません。


実はこの三週間ほど、
全く食欲がなくなりほとんど食べていないのです。

なぜ食欲がなくなったのかは謎です。

三週間で食べたものは、
カップ麺三個とおにぎり数個だけです。

なぜ食欲が失われたのかは原因不明です。


そんな中昨日は久しぶりにデイケアに行ってきました。

ずっと体調が悪くお休みしていたのですが、
昨日は特別だったのです。


一月半ほど前、
私の担当のスタッフが、
「中島さんの得意な写真を撮るプログラムを考えてくれませんか?」
と言い出したのです。

そこで私は、
テーブルフォトを提案しました。

テーブルに小物や雑貨を置いて撮影するものです。

すぐに企画が固まったのですが、
撮影に必要な小物などは買わなくてはなりません。

限られた予算の中で、
スタッフの方と買い物へ行き、
ほぼ私が選んで買い物をしました。


プログラムの進め方なども綿密に打ち合わせしました。


そして昨日。

そのプログラムの日がやってきました。


まずはスタッフの方がパソコンを使って、
テーブルフォトの概要を皆さんにお伝えして、
その後私が見本のような写真を撮って皆さんに見せました。

IMG_20170921_141521b.jpg
まずはわかりやすいように簡単に撮りました。

その後皆さんが思い思いに小物を動かして自由に撮っていらっしゃいました。

私は今回サポート役でしたので、
自分ではあまり撮りませんでした。

限られた予算と時間の中で撮りましたが、私の写真をいくつかお見せします。

DSC_4523b.jpg

DSC_4522b.jpg

DSC_4519b.jpg

どうでしょうか?

実をいうと、テーブルフォトは私もあまり経験がないのです。


その中で一つ気になることがありました。

スタッフの方が、
ある利用者の男性を誘ったのですが、
その男性は明らかにやる気がありませんでした。

プログラムが始まってもスタッフの方と、
長々とiPhoneの話をしていて、
真面目に写真を撮ってはくれませんでした。

私は悲しかったです。

真面目にやる気がないのなら参加しないでほしかったです。

私は企画段階から骨を折ってきました。
参加された皆さんも楽しんで撮っていらっしゃいました。

そういった空気を壊されると悲しくなります。

そういったことも私は予想していました。

ですので前日まで不安だったのです。

ところが前日夜、
私のスマホへ一通のメッセージが届きました。

いつもお世話になっている、
訪問看護のHさんでした。
「明日は肩の力を抜いて、皆さんに写真の面白さを伝えてきてください。応援しています。」
というメッセージでした。

私はとても嬉しかったです。

勇気と力を頂きました。

ありがとうございます。


みんなで写真を撮った後は、
お互いの写真を見せあい、
ワイワイ楽しかったです。

皆さんも素敵な写真を撮られていました。

プログラムは成功と言えるのではないかと思っています。


自分がかかわるということで不安もあったのですが、
皆さん楽しまれていたようで何よりです。


「次回は施設内にあるお花を撮りましょうか」
と提案しました。

好評ならば、まだ何回か続くそうです。


しばらく悩んでいて作品制作から遠ざかっていましたが、
たまにはこういうのも刺激になりますね。


昨日は楽しい時間を過ごせました。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。


朝晩は涼しくなってきましたので、
皆様お体にはくれぐれもお気を付け下さいませ。




関連記事

作品紹介58

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの作品紹介です。

心象001
絵です。

実は芸術家として表現に悩んでいます。

もっと高みを目指したいのです。


この数日は体調がいいので、
子供のころのように水彩画を描いてみました。

ただ私は、そのものを描くのがあまり好きではないのです。

個人的な理由ですが。


今で感じられることや、イメージを描きました。

ですので抽象画になってしまいました。


芸術家とは悩まなければならないのです。

常に自問自答していないと作品の質は上がらないからです。

作品を作っているときは誰も何も言ってくれませんから。

これからも自分に制約を設けず頑張ります。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

関連記事

お詫び

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


ブログの更新が止まっていて申し訳ございません。

精神の病はかなり回復したのですが、それから併発した体の病がきついです。

特に、神経性の下痢や腹痛に襲われる、過敏性腸症候群が一番厄介です。

毎日、激しい下痢と腹痛に襲われています。

そのためデイケアも2ヶ月休んでしまいました。

そのデイケア施設、2年しか利用できないのですが、体調悪くてほとんど通えないまま1年過ぎてしまいました。

おかげで創作も制限されています。

ほとんど寝たきりですので。

作品も発表できず、ブログの更新も滞ってしまい、誠に申し訳ございません。

今の私には、その日を生き延びるので精一杯なのです。

只今午前6時。
何故、こんな時間にブログを更新したかというと、体調悪すぎて苦しくて眠れなかったからです。


今、精神の病で飲んでいる薬です。

これでもだいぶ減りました。

この他に、過敏性腸症候群の薬を6種類飲んでいます。

とにかく下痢と腹痛に悩まされ、作品制作が制限されています。

「単なる下痢だろ」とおっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、これはれっきとした病なのです。

ちなみに、この過敏性腸症候群は、根本的な治療法が確立されていません。

そのような病もあるのです。

どうか御理解下さいませ。

またいつか体調が良くなったら作品創ります。

申し訳ございませんが、お待ちください。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。



関連記事

検査結果。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は今日、病院へ行き先日の精密検査の結果を聞いてきました。

心電図はおかしいですが、心臓には異常は見つかりませんでした。

やはり痩せているため、心臓がのっぺりと軽く圧迫されて、心電図がおかしいらしいです。

他には肝臓が弱っていると指摘されました。

実はしばらく睡眠薬が効かなくなってしまい、寝るためにアルコールを飲んでいたのです。

アルコールを控えるように言われました。

肺の問題も指摘されました。

私はタバコを吸うのですが、レントゲンでは肺が雲って写っているそうです。

「いまはまだ44歳だけど、これが50代とかになると心臓発作なんかを引き起こす可能性が出てくる。本当はタバコもやめた方がいい。でもとりあえずはアルコールを控えましょう。」と言われました。

そして、精神科と内科の病院の二ヶ所へ検査結果の手紙を書いていただきました。

それにしても、今日も体調悪くて遅刻してしまいました。

体調悪い中行ってきたので疲れてフラフラです。

とりあえずはアルコールを控えるつもりです。

まだまだ死にたくはないので。

私は生まれつき身体が弱いのです。

でも重大な病などは無くて安心しました。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。



関連記事

病院へ検査に。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私は今日、病院へ検査に行ってきました。

以前精神科で定期健康診断をした際に、心電図の波形がおかしいらしく、心臓の精密検査をしました。

結果、心臓の異常は見つかりませんでした。

ただ、心電図の波形がおかしいのは事実なので、精神科の主治医が紹介状を書いてくれて、今日別の病院へ行ってきました。

採血と心電図をやりました。

やはり心電図の波形がおかしいらしいです。

検査が終わって、医師が「身長いくつですか?」と聞いてきたので「170㎝です」と答えたら、「体重は?」と聞いてきたので「58キロです」と答えました。

すると医師は「ずいぶん痩せてるねぇ」と言いました。

医師が言うには、痩せている人がなりやすい心電図の波形らしいです。

でも念のため、土曜に心臓の超音波検査をすることになりました。

全ての検査が終わるまで何とも言えませんが、ちょっと安心しました。


そして更に、パソコンの調子が悪いです。

この記事はスマホで書いています。

しかも私は自分の表現に納得いかなくて、悩みの中にいます。

でも、ちょうど良かったのかもしれません。

しばらく作品制作をお休みして、客観的に自分を見て、悩んでみます。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

関連記事

作品紹介57

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

ずいぶんとご無沙汰しておりましたが、作品紹介です。

flower007b.jpg

ウメのCGです。

ウメの花言葉は、
「上品な美しさ」
「高潔」
「不屈の精神」
などです。

「不屈の精神」でありたいものです。


ここで、作品紹介が滞っていた理由をお話いたします。

以前の記事でも書きましたが、
肋骨が折れていて痛いうえに体調もずっと悪く、
さらに悩んでいるからです。

その悩みとは、
表現者ならではの悩みです。

新しい挑戦として始めた花のCGですが、
まだまだ理想には程遠いのです。

とはいっても明確なイメージがあるわけではありません。

でも現状に満足していない自分がいるのです。

まだまだこの程度では納得いきません。

そのため、
小手先のテクニックはあるので作品は作れますが、
納得できないものばかりできてしまいます。

そういった自分が怖くて、
しばらく作品制作をお休みしています。

一度離れてみようと。

作家とは常に自分を客観的に見る必要があります。

作品を作っている間は、
誰も何も言ってくれません。

ですので、
まず自分が自分を突き放して、
第三者的な目で自分や作品を見る必要があるのです。

そうしないと作品の質は上がらないのです。

でも今回はそれだけでは足りない気がしています。

ここで「一芸術家」として悩んでみようかと。

「継続は力なり」と言います。

そのため何かしらの作品は作ります。

納得がいくかは別として。


ただ、
「この程度で満足していてはいけない」
と感じている自分がいるのです。

しばらく芸術以外に何も背負っていない一人になって悩んでみます。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

最近暑い日が多いので、
皆様体調にはお気を付けくださいませ。



関連記事

今日は母の日。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

ブログの更新が滞っていました。

申し訳ございません。


今日は母の日ですね。

お花屋さんへ行き、
母にプレゼントする花を買って、
実家へ行き渡してきました。

DSC_3210b.jpg
ミニバラの鉢植えです。

母は胡蝶蘭が好きなのですが、
お店で扱っていないため、
この花にしました。

ちゃんと鉢植えにしてお水をあげていれば、
来年も咲くそうです。

母は「一本でいいのに」と言っていましたが、
喜んでくれました。


ここで、
しばらくブログの更新が止まっていた理由をお話いたします。

実は先月、
ろっ骨を骨折してしまったのです。

IMG_20170508_232518b.jpg
折れているのが分かりますか?

とても痛いです。

私は花粉症で、
大きなくしゃみをしたらバキッと折れました。

くしゃみでも折れるそうです。

そのため安静にしていなければならず、
作品制作もブログの更新もお休みしていました。

今はだいぶ痛みは薄れましたが、
まだ痛いですし、
固定ベルトを巻いています。

ですが今日は母の日ということで、
顔を見せるのも兼ねて実家に行ってきました。

でも喜んでもらえてよかったです。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。



関連記事

今週のこと。

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は今週はいろいろありました。

私事ですがご報告させていただきます。


まず月曜日。

訪問支援があり、
その際に三か月に一度の個別支援計画を作成しました。

デイケアには週に一回は行けているので、
それを継続しつつ前へ進もう、
という計画を立てました。


火曜日。

以前カウンセリングでお世話になった先生と、
久しぶりにお会いしました。

DSC_3191b.jpg
居酒屋で吞みました。

先生は今はカウンセラーを辞めて、
他のお仕事をなさっています。

先生の奥様が座禅にハマっているらしく、
先生も付き合いで座禅を組むそうです。

「僕は禅的な生き方をしようと思った。
他の人にどう思われているか?自分がどう評価されるのか?
そういった雑念を取り払って、
自分の生きたいように生きる、
ただし全力で取り組む、
それが禅的な思考だと思うんだ。」
とおっしゃっていました。

その先生は私のどん底を知っているので、私のブログを見てくれたらしく、
「病気抱えてるなか頑張ってるね。」
と言われたときは泣きそうになりました。



そして水曜日。

精神科に通院してきました。

DSC_3195b.jpg

DSC_3196b.jpg

DSC_3197b.jpg
病院の敷地内にある桜を撮りました。

今回は診察前に定期健康診断もやりました。

内科もある総合病院なので。

血液検査、尿検査、心電図をやりました。

検査が終わり診察になったら、
主治医が検査結果を教えてくれました。

その際主治医が深刻な顔をして、
「心電図がおかしい。
心筋梗塞の波形だ。
命に係わるから緊急に今日検査していきなさい。」
と言い出しました。

そしてすぐに内科の先生に連絡を取り、
急きょ心臓の検査をすることになりました。

CM170412-135001001b.jpg
心臓の超音波検査をしました。

結果、心臓に異常はありませんでした。

内科の先生も不思議がっていました。
「異常ないのに何でこんな波形になるんだろうな?」と。

異常がなかったのが幸いですが、
検査結果が出るまでは、
「死ぬのかな?」
と生きた心地がしませんでした。


木曜日。

訪問看護がありました。

Hさんという男性が私の担当者様です。

そのHさん、とてもお優しいのです。

いつも助けてもらっています。

私の心の支えになってくれているお方です。

そのHさんに、
心電図がおかしいと言われた話をしたところ、
「ほかの病院でも検査したほうがいいですね。
心臓は命にかかわりますから。」
と言われました。

やはりほかの病院でも検査をしたほうがいいそうです。


そして金曜日。

デイケアに行ってきました。

とは言ってもプログラムなどをしたわけではありません。

その日は私の担当のIさんがお昼ご飯を作るというので、
誘われて食べに行ってきました。

IMG_20170414_231715b.jpg
Iさん手作りのハヤシライスです。

とてもおいしかったです。

しかも私は玉ねぎが大嫌いなため、
私の分だけは別の鍋で玉ねぎ抜きで作ってくださいました。

これでお値段はなんと100円!

なんと素晴らしい。

お昼ご飯を食べに行くだけでも、
元気でいる確認が取れるから、
という意味もあるそうです。


このように今週はいろいろありました。

そこで感じたのは、
「自分はたくさんの人に守られているんだな」
ということです。

その方たちには感謝するしかありません。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。







関連記事

お花見!

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

私は今日はデイケアに行ってきました。

とはいっても、
プログラムなどをしたのではありません。

スタッフの方々と、
利用者のメンバーみんなでお花見に行ってきました。

このデイケア施設、イベントが多くて楽しいです。

私は今日は体調がよかったです。

さらにMさんというスタッフが、
今日を最後にほかの施設に異動されるので、
送別会も兼ねていってきました。

施設から歩いて行ける公園まで行きました。

DSC_3163b.jpg
出発前に、みんなでお弁当も用意しました。

ここまで食べれて参加費は100円!

桜はまだ満開ではありませんでしたが、
スタッフの方が、
「皆さんの純粋な目で見れば満開のはず」
とおっしゃっていました。

素晴らしいお言葉だと思いました。

しばし桜の下でみんなでワイワイやりました。

DSC_3168b.jpg

DSC_3169b.jpg
桜はまだ満開ではありませんでした。

しかもあいにくの曇り空のため、
スマホのカメラではうまく写真が撮れませんでした。


最後にMさんの送別会になりました。

一人ずつMさんに感謝の気持ちを伝え、
Mさんからもお言葉を頂けました。

メンバーみんなからの寄せ書きもお渡ししました。

Mさんは明るくてノリもよく、
おかげさまでいつも楽しくプログラムに取り組めていました。

そのMさんが異動とは寂しいです。

そして私の担当のIさんは、
ずっと私の体調を気遣ってくださっていました。

悲しくもありますが、
楽しい一日でもありました。

人と人との魂の調和を感じられて、
大変思い出深い一日となりました。


いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

お花見! »

関連記事

作品紹介56

皆様こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりの写真での作品紹介です。

道#2B2
踏切で撮った写真です。

場所は千葉の館山です。

知人に車に乗せてもらい、
踏切をゆっくり渡りながら、
線路をシャッタースピードを遅くして、
わざとブレさせて撮りました。

「どこまでも道は続いていく」
というイメージで。

いかがでしょうか?

ここで改めて私の考えをお話いたします。

「現代美術」
という言葉があります。

ですが私は現代美術があまり好きではありません。

確かに表現の幅は広がりました。

それはいいことです。

ですが仮にも芸術をやらせていただいている私が見ても、
意味が分からない作品があります。

他の表現者様を否定しているのではありません。

私が未熟で意味が分からないのかもしれません。

でもそれで済ませていいのでしょうか?

芸術とは万人のためにある、
と私は考えています。

ですから私はなるべくわかりやすく、
伝わりやすい作品作りを心掛けています。

そういう作家がいてもいいのではないかと思って。

家電製品に例えると、
メーカー同士の競争があるので技術が進歩します。

ただそのせいで操作が複雑になり、
機会が苦手な人を置き去りにしているのも事実です。

ですから私は、
機能は最小限で扱いやすい家電製品のような作品を作りたいのです。

私は現代美術を推奨する評論家のご機嫌を取りたくて、
芸術をやっているわけではないので。

私の作品はかしこまって見ないで、
自由な感覚で感じていただきたいのです。

あくまで私個人の考えですが、
皆様はどうお考えでしょうか?

いつも支え応援してくださる皆様、
このブログをご覧いただいている皆様、
いつもいつもありがとうございます。

大変感謝しております。

関連記事

«  | ホーム |  »

プロフィール

中島誠一郎

Author:中島誠一郎
うつ病、過敏性腸症候群、自律神経失調症、統合失調症、痛風を治療中の貧乏芸術家・中島誠一郎です。
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒です。
以前は彫刻、今は写真CGで作品作っています。
「人間の純粋な心」をテーマに作品作っています。
よろしくお願い致します。
写真の参考価格は、四つ切(約25.4×30.5cm)サイズで、私の推奨の額装込で4万円です。
作品の価格、サイズ、発送方法等はメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ちなみにメールは見れない時がありますので、作品をご希望の方はコメント下さいませ。
[個展]
青い風(1999年・ガレリアラセン・写真)
静かな風と時の中で(2000年・ガレリアラセン・写真)
[グループ展]
環境野外彫刻展(1996年・国立市富士見台団地・作品が盗まれ、途中で出展中止・彫刻)
[ギャラリー企画展]
ガレリアラセンselect2000(2000年・ガレリアラセン・写真)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
芸術 (91)
病気 (35)
交友関係 (5)
メンチ (12)
日記 (19)

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

フリーエリア

皆様の応援が力になりますので、 応援クリックよろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Sponsored Link

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR